toggle
2018-07-06

お能のワークショップ

国立能楽堂で、能に親しむ会15周年記念「お能は知れば面白い!」に参加してきました。

能をもっと身近に触れてみようという普及イベントで、能楽師のトークや仕舞・謡の実技講座のほか、能をテーマにした漫画を連載中の漫画家・成田美名子さんが登壇。

小学校の頃から今のいままで、唯一買い続けている成田作品。能に興味を持ち始めた頃と連載スタートした時期が偶然に重なり、勝手に運命を感じて早数年。大好きな成田さんが能を語る、これは行くしかないっしょ!ということで行ってきました。

能の鑑賞に変なこだわりがありまして。ざっくりとあらすじを読むだけ、前情報を入れずに観るのが好きなのです。だから、毎回何を言っているのかよくわかっていません笑。装束の美しさ、仕舞の優雅さ、足運びの音、謡の響きを単純に感じたくて、異世界ともいえる空間の雰囲気を味わいたくて、観に行っています。

能楽師のトークで、最小限の小道具だけによる演出はイマジネーションが無限に広がり、感じ方は千差万別という解説があり、私の観方もあながち変ではないかしら…と少しホッとしました。

神に捧げる芸能で謡はお経が由来と言っていたような(ちゃんと聞いていないw)。見終えると浄化された気分になるのは、そういった理由からかもしれませんね。

最後に、舞台裏や楽屋を見学するバックステージツアーがあり、興味深く色々眺めていたら…ふと横を見ると成田さんがおるではないかー!「ふ、ふ、ふぁんです」とオタク丸出しで握手してもらっちゃいました♡

今回の経験から次の舞台はどんな風に見えて感じるか、とても楽しみです。



関連記事